このページの先頭です

脱毛の効果を最大化する為の注意点|日焼け・乾燥・自己処理

103views

投稿日:

脱毛の効果を最大化し効率を上げる

脱毛サロンで施術を受ける時に気になるのが効率です。効率が悪いと脱毛コース終了までの期間が長引いてしまいます。余計な期間と料金を掛けてしまうため、なるべく効率を上げたいところです。脱毛の効果を最大化させると、効率が上がることが多くなっています。この最大化は自分の工夫次第でも行うことができるのです。しかし方法を間違うとかえって効率が悪くなるために注意して下さい。

脱毛の効果を最大化する為の注意点

日焼け

光脱毛、SSC脱毛、ニードル脱毛など脱毛サロンによって導入している脱毛方法に違いがあります。このうち比較的日焼けした肌を苦手としているのが光脱毛です。紫外線を浴びると肌が黒くなる日焼けを起こします。この日焼けのことをサンタンと呼んでいます。

黒色の肌はメラニン色素によって作られます。このメラニン色素によって身体に有害な紫外線が肌深くまで侵入するのを防いでいます。光脱毛では黒色に反応するため、日焼けすると脱毛の効率が悪くなってしまうのです。

肌にあるメラニン色素に光が反応してしまい、むだ毛の毛根に反応する分が少なくなってしまいます。肌に熱が発生し火傷のリスクも高くなってしまいます。痛みを敏感に感じやすい顔脱毛を受ける場合は特に日焼け止めクリームなどで紫外線対策を行うことが重要です。

乾燥

光脱毛を受けると肌が乾燥しやすくなります。なぜ乾燥しやすくなるのか、それは皮脂の分泌量が落ちるからです。皮脂は肌を乾燥から守ると言う働きがあるのです。光による熱で水分が失われると言う点も肌の乾燥に結びついています。肌が乾燥すると様々なトラブルを引き起こします。

一つはシワが増えやすいと言うトラブルです。シワが増えると実年齢より老けて見られてしまいます。肌には元々バリア機能と言うものが備わっています。このバリア機能によりホコリやウイルスなど肌にとって有害なものから守られているのです。乾燥するとこのバリア機能が弱くなってしまい、トラブルが発生しやすくなります。

トラブルの起きた肌では脱毛の効率が悪くなるため、日頃からの保湿ケアが重要です。脱毛サロンでは仕上げに保湿ローションなどを使用しています。特に顔脱毛や全身脱毛を受けている最中は自宅でも保湿ケアを行うのがおすすめです。

自己処理

脱毛サロンで光脱毛を受ける前に必要なのが自己処理です。なぜ自己処理が必要なのか、それはむだ毛が伸びたままだと脱毛の効率が悪くなるからです。黒い色のむだ毛に光が反応してしまい、毛根に反応する分の光が少なくなってしまいます。カミソリで剃ると言う自己処理は肌に負担が掛かってしまいます。

女性用のシェーバーなら肌に優しいです。コンパクトサイズのためにバッグなどに入れてどこにでも持ち運びができます。剃り忘れて脱毛サロンに来店しても、バッグに入っている女性用のシェーバーですぐに自己処理ができます。

乾電池で動く女性用のシェーバーならコンセントの無い場所でも使えます。来店直前より、2日ほど前に自己処理するのがおすすめです。それは自己処理により肌荒れが起きてしまっても、2日あれば治まることが多いからです。

脱毛サロンのシェービング対応

全身脱毛を受けている最中だと自己処理が大変なことがありました。手の届かない部位では自己処理しようと思っても難しいです。脱毛サロンによってはシェービング対応が受けられます。剃り忘れて来店しても、剃れない部分があってもエステティシャンが代わりにシェービングしてくれるのです。

ただしシェービング対応は脱毛サロンによって異なると言う点には注意が必要です。中には剃り忘れて来店した場合、その部位は避けて施術すると言う脱毛サロンが見られます。断られることもあるため、カウンセリング時にシェービング対応について質問してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です